放射線検査紹介

一般撮影

エックス線が物質を透過する性質を利用して人体各部位を画像化する検査です。
頭部・胸部・腹部・骨・歯・乳房などの撮影を行っています。
そのほかにも骨密度を測定し、骨粗鬆症などの検査も行われています。。

最近では、画像情報をフィルム化することなくデジタルデータとしてサーバに保管され、すぐに診察室や病室のパソコンのモニタで診断できる施設が増えています。

CT

CTはX線を利用して体内を細かく様々な角度から画像化して観察することができる検査です。通常検査の時間は10~20分程度です。

造影剤を使用することにより、動脈や静脈といった血管も鮮明に描出でき、さらに詳しい画像を撮影できます。とくに最新の装置であれば0.3秒以下の撮影時間で動きの速い心臓(冠動脈)や脳の血管を撮影することも可能です。

CTではMRIを受けることができない、ペースメーカ使用者や体内金属がある方でも検査を受けることができます。

MRI

MRI装置は磁石と電波を使用しているため CTと違いX線被ばくをしない検査ですが、一般的には検査時間が長く、金属の持ち込みが不可能な検査です。しかし脳梗塞や脳腫瘍、血管異常などの他、脊髄や筋肉、関節疾患を見つけ出すのに効果を発揮します。

また、造影剤を使用しなくても腹部、四肢など血管を描出することが可能となってきております。

 

透視・造影

透視・造影検査ではエックス線撮影では写りにくい体の部分に造影剤を注入してエックス線透視撮影装置を用いて観察および撮影を行い、臓器の位置や形態、機能、病変の有無などの評価を行います。

代表的な検査としてバリウムを用いた胃透視検査があります。

 

アンギオ・血管撮影

カテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入し、専用のエックス線透視装置を用いて目的の血管までカテーテルを進め、造影剤をカテーテルから注入することで血管狭窄などの診断をすることができます。またバルーンと呼ばれる風船を血管内で広げることで、狭くなった血管を広げる治療も同時に行うことが可能です。

 

核医学

ガンマ線という放射線を出す物質(放射性同位元素)を含んだ薬(放射性医薬品)を体内に投与し、目的とする組織や臓器に集積された放射性医薬品から放出されるガンマ線をガンマカメラと呼ばれる特殊なカメラで撮像することにより、薬の体内分布を画像化し、生体機能の「働き」を見ることが出来る検査です。

PET/CT検査もこの核医学検査に含まれます。
PET/CT検査は、がんのスクリーニング、治療前の病巣の広がりの診断、治療中の効果判定、治療後の再発診断に有用な検査です。

 

放射線治療

放射線治療は手術、化学療法と並んでがん治療の一翼を担っています。
手術と同様に、局所療法になりますが、“切らずに治す”ゆえに、機能と形態を保ったままで、がんを治療できる点が大きな特徴といえます。